proof checking

フリーランスになってからありがたや〜と思うのがプルーフチェックのお仕事。報酬は高いとは言えないけれど、独り相撲になりがちなフリーランスで他の人の翻訳を読めることはありがたい!翻訳の勉強代と考えるとすごく得してる気分。それから私の場合、いただいているプルーフチェックの案件は比較的ボリューム少なめなので、一日だけ暇な日が出てしまったというときにちょうど依頼がくると、その分稼ぐことができる。プラス、翻訳案件が続く中でプルーフチェックの依頼がくると良い気分転換にもなる。

他の人の翻訳に触れるといえば、翻訳学校に行っていたときクラスの人と集まって推敲していたことを思い出した。同じ文章を読んでいるのに、各々で解釈の仕方が違うこと、言い回しが違うこと。そういう発見が自分にとってはすごく新鮮で…。翻訳者が違うだけで文章の雰囲気がガラっと変わってしまうことに改めて気づかされた経験だった。そういう意味でも、時間をかけてでも書き手の心をちゃんと読み取って、読み手に伝えることを大切にしながら翻訳したいと思う。翻訳機器が発達していってるし短期納品とかスピード重視の翻訳が求められる傾向にあるけれど、きっと世の中には私が目指しているような翻訳を求めている人もいる・・・はず。そんな気持ちで自分が大切にしていることからブレずに今後も頑張っていこうと思った次第。

自宅安静で発狂しそうなので、仕事を頑張ってご褒美にケーキを食べるのが最近の楽しみです。もうすぐ赤ちゃんにも会える!

f:id:imaclo:20180530171654j:plain