Entries from 2018-03-30 to 1 day

グレート・ギャツビー

村上春樹さんが長年あたためてあたためぬいて自分の技量が追いついてきた時にやっと翻訳にとりかかったというこの本。 原書の文章がいかに美しいかということをあとがき(か、対談本)で書いていたのを覚えています。私は洋書を読んでいてそういう感覚に陥っ…